山陽新聞デジタル|さんデジ

第7波、高齢者66%入院できず 東京の養護施設、17人死亡

 新型コロナウイルス・オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供
 新型コロナウイルス・オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供
 新型コロナウイルスのオミクロン株が猛威を振るった今夏の流行「第7波」で、東京都内の高齢者施設に入所中に感染し、施設側が入院を要請した人のうち66%は病床逼迫などで受け入れ先が見つからなかったことが4日、東京都高齢者福祉施設協議会の調査で分かった。入院調整中に計17人が死亡。外部医師の往診を利用した施設は14%にとどまった。

 調査は9月に実施。都内の高齢者施設計571カ所のうち、273カ所から回答を得た。

 7~8月に入所者が感染したと回答したのは159施設で計1795人。施設側が入院調整を依頼したのは計869人で、入院できたのは299人(34%)だった。

(2022年12月04日 16時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ