山陽新聞デジタル|さんデジ

スポーツ×ツーリズムの掛け算で地域活性化に挑む。「せとだレモンマラソン」12日2日エントリー開始!

2022年12月02日 14時00分 更新
スポーツ×ツーリズムの掛け算で地域活性化に挑む。「せとだレモンマラソン」12日2日エントリー開始!
Staple / ステイプル
地域組織らとともに実行委員会を立ち上げ瀬戸田(尾道市)で新たなマラソン大会を企画。大会を通じて、島内外の方々に瀬戸田の魅力を体感いただけるイベントを目指します。

この度、株式会社Staple(代表取締役:岡 雄大)の子会社である株式会社しおまち企画(代表取締役:小林 亮大)は、「せとだレモンマラソン」の企画と運営に参画。「瀬戸田の魅力、発見。」を掲げ、日本一のレモンの産地である瀬戸田で、レモンが旬を迎える2023年2月25日(土)に開催いたします(主催:せとだレモンマラソン実行委員会)。


Photo by Akira Yamada

「瀬戸田の魅力、発見。」というコンセプトを掲げ、瀬戸田の特産品であるレモンの収穫がピークを迎える2月に開催。参加するランナーだけではなく、大会に関わるすべての人と舞台となるまちが主役となるような大会を目指します。

コースは「ハーフマラソン(21.0975km)」と初心者も挑戦しやすい「シーサイドラン(9.1km)」の2種類を設定。どちらも昔懐かしいしおまち商店街をスタートし、太陽が反射してキラキラゆらめく凪の瀬戸内の海岸沿い、島中でたわわに実ったレモンの木々を通り抜ける、穏やかな島の情景を全身で楽しめるコースです。



せとだレモンマラソンの3つこだわり

まちの誇りになる大会づくり
舞台となる瀬戸田全体が活気づく大会を目指します。
参加する地域の方は走ることで健康になり、家族や友達の応援で交流が生まれ、瀬戸田がひとつになる──。また、大会をきっかけに訪れる方は、瀬戸田の魅力に全身で触れ、この土地の魅力を発見し、触れ合う──。大会を通じて、良いサイクルが生まれることで、まち全体が活気づく大会にしていきます。

環境負荷低減へのコミットメント
従来の大会運営を見直し、ソーシャルインパクトのある大会を目指します。
多くの参加者を迎えるマラソン大会では、ペットボトルや給水用の紙カップなど、大量のゴミが生じます。その解決策のひとつとして、今大会では環境負荷を抑える先進的な運営方式を採用した「湘南国際マラソン」と提携し、ゴミが出ない給水システムの導入と、マイボトルの携帯をルール化しています。今後も環境負荷の低い大会運営をメインコンセプトとして、環境問題に取り組むパートナーと手を組みコミットメントを高めます。

スポーツ × ツーリズム
大会前後も瀬戸田での滞在を楽しめる大会を目指します。
マラソン大会だけでなく、瀬戸田での観光や食体験など、まちでの滞在を満喫してほしいという思いでさまざまなイベントを企画。大会期間中は会場周辺で、地域の生産者や大会コンセプトに関連するブランドが集まるマルシェを開催するほか、参加者やボランティアスタッフや地域の方々が交流できるアフターパーティを開催予定です。
Photo by Akira Yamada



コース

【ハーフマラソン】21.0975km しおまち商店街からスタートし、高根島を1周したのちに、瀬戸田の海岸線を走るコースです。

【シーサイドラン】9.1km しおまち商店街からスタートし、サンセットビーチを通り抜け、瀬戸田の海岸線を往復するコースです。


大会概要

主催:
せとだレモンマラソン実行委員会
後援:
尾道市、尾道市教育委員会
協力:
The North Face、湘南国際マラソン
開催日:
2023年2月25日(土) 雨天決行
ハーフマラソン:11時スタート
シーサイドラン:11時20分スタート
コース:
しおまち商店街・高根島・生口島循環線
種目:
ハーフマラソン:21.0975km
シーサイドラン:9.1km
参加資格:
2022年4月1日現在、満15歳以上の、健康に自信があり自己の健康に異常のないことを確認した方
※高校生については保護者の同意が必要
マイボトル / マイカップを携帯して出走できる方
定員:
ハーフマラソン:400名
シーサイドラン:100名
合計:500名
参加申込:
インターネットからの参加申込
募集期間:
12月2日(金)~2月5日(日)
参加料:
ハーフマラソン(一般):税込8,500円
ハーフマラソン(早期):税込8,000円 ※12月末までの申込
尾道市民価格:税込7,000円
シーサイドラン:税込5,000円
参加賞:
ハーフマラソン:The North Faceソフトボトル
シーサイドラン:The North Faceソフトカップ
表彰:
ハーフマラソン 1位~3位(男女別)
Photo by Akira Yamada



エントリー方法

大会へのエントリーは外部サイトを通じて行います。エントリーについての詳細は、大会公式HPをご確認ください。
大会HP:http://lemon-marathon.jp/
エントリー期間:2022年12月2日(金)~2023年2月5日(日)


大会への思い

せとだレモンマラソンでは、スポーツの力によって地域への健康増進を促すとともに、大会を観光分野とも掛け合わせていくことで、地域の活性化の実現を目指していきます。また継続して開催ができる大会を目指し、ゴミの削減やボランティアスタッフへのケアなどをはじめ、サステナブルな活動にも積極的に取り組んでいきます。<レモンマラソン実行委員会 会長 高本 訓司>

瀬戸田でのマラソン大会の開催を通じて、少しでも地域の人々が元気になることを期待しています。また、大会を通じて瀬戸田を訪れた方々がその魅力に全身で触れることで、瀬戸田への愛着を持つ人が増え、このまちと今後関わる人がさらに多様になり、まちがより面白くなっていくきっかけになればという思いで本大会を企画しました。<しおまち企画 代表取締役 小林 亮大>
Photo by Akira Yamada



PRイベントのお知らせ

■湘南国際マラソンにブースを出店
世界最初の試みとしてマイボトルで給水をするフルマラソン湘南国際マラソン(運営管理:株式会社ランナーズ・ウェルネス)が12月4日に開催されます。同日、大会会場にて「せとだレモンマラソンのPRブース」を出店いたします。

第17回 湘南国際マラソン
開催日:2022年12月4日(日)
会場:大磯プリンスホテル

■THE NORTH FACE Sphereにてトークイベントを開催
せとだレモンマラソンのオフィシャルパートナーであるThe North Face(株式会社ゴールドウィン)「THE NORTH FACE Sphere」にて、大会説明会を開催いたします。大会概要のほか、ゲストスピーカーを迎え、開催地である瀬戸田の魅力や環境負荷低減の取り組みについてご紹介。

参加をご希望の方は、専用のお申し込みフォームより申請をお願いいたします。(応募者多数の場合は抽選となりますので、予めご了承ください。)

開催日:12月17日(土)
時間:16:00~17:00(15:30受付開始)
定員:15人
内容:大会概要、瀬戸田の魅力、ランニングの始め方と出場までの準備
ゲストスピーカー:福内櫻子(ランニングコーチ / モデル)

開催日:12月20日(火)
時間:19:00~20:00(18:30受付開始)
定員:15人
内容:大会概要、旅とランニング、環境負荷低減への取り組み
ゲストスピーカー:松田正臣(mark編集長)、山田陽(フォトグラファー)

お申し込み受付:https://forms.gle/8x92Xv4KuP1YFCrf9
会場:THE NORTH FACE Sphere(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-10-11)
お問い合わせ:せとだレモンマラソン実行委員会 contact@lemon-marathon.jp
Photo by Akira Yamada


Stapleについて

Stapleについて
会社名:株式会社Staple(旧Insitu Japan)
所在地:(本社)広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田433番地、(支社)東京都中央区日本橋小舟町14-7 SOIL Nihonbashi 401
設立年月日:2018年11月5日
代表取締役:岡 雄大
WEBサイト:https://staplejp.com/
Instagram:https://www.instagram.com/staple__inc/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ