山陽新聞デジタル|さんデジ

東証大幅反落、終値は448円安 円高進行で業績悪化懸念、全面安

 2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反落した。外国為替相場で円高ドル安が進み、製造業を中心に業績が悪化するとの懸念から売りが膨らみ、全面安となった。

 終値は前日比448円18銭安の2万7777円90銭。東証株価指数(TOPIX)は32・48ポイント安の1953・98。出来高は約13億3329万株だった。

(2022年12月02日 15時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ