山陽新聞デジタル|さんデジ

石造り灯台の高さ日本一!出雲日御碕灯台の魅力を発掘、発信!日御碕灯台&出雲大社 観光客動態実態調査を実施します

2022年11月30日 15時00分 更新
石造り灯台の高さ日本一!出雲日御碕灯台の魅力を発掘、発信!日御碕灯台&出雲大社 観光客動態実態調査を実施します
海と日本プロジェクト広報事務局
2022年12月4日(日)~2023年1月15日(日) <日御碕灯台、出雲大社の周辺>

日御碕・鷺浦灯台利活用プロジェクトコンソーシアムは、2022年12月4日から2023年1月15日にかけて出雲日御碕灯台と出雲大社周辺エリアで観光客の動態調査を実施します。この調査は、灯台の存在意義を高め、灯台を起点とする海洋文化を次世代へと継承していく「海と灯台プロジェクト 新たな灯台利活用モデル事業」の一環として実施します。



出雲日御碕灯台は石造灯台としては日本一(※)の高さを誇り、また日御碕周辺エリアは日が沈む聖地として日本遺産にも認定されています。日御碕・鷺浦灯台利活用プロジェクトコンソーシアムは出雲観光協会や出雲市などと連携しこの日御碕エリアの魅力を発掘、発信を強化する計画で、まず出雲大社・日御碕灯台周辺に訪れる観光客に日御碕灯台の認知度や魅力、行動調査を実施します。調査は12月から1月に実施し、2023年2月頃に結果を公表する予定です。
※出典:(一社)出雲観光協会公式ホームページより https://www.izumo-kankou.gr.jp/special/677

<調査概要>




<出雲日御碕灯台の魅力とは>
島根半島の最西端の断崖にそびえ、明治36年(1903)に設置され来年120歳を迎えます。海面から灯塔の灯火までは63.30m。地面から塔頂までが43.65mあり、石造灯台としては日本一(※)の高さです。
真っ白な外壁は松江市美保関町で切り出された硬質の石材、内壁はレンガ造りで、外壁と内壁の間に空間を作った特殊な二重構造になっています。

光度は48万カンデラで、夜間は約40km沖合まで達し、100歳を超えて今なお現役で海の安全を守っています。歴史や文化的な価値の高さから「世界の歴史的灯台百選」「国の登録有形文化財」「国指定重要文化財」に選ばれています。

<団体概要>
団体名称:日御碕・鷺浦灯台利活用プロジェクトコンソーシアム
活動内容:本コンソーシアムの事務局は山陰中央テレビジョン放送株式会社が務め、出雲市や出雲観光協会、海と日本プロジェクトinしまね実行委員会などと連携し、出雲日御碕灯台エリアの魅力化や実態調査を行っています。

海と灯台プロジェクト 新たな灯台利活用モデル事業
日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、灯台を中心に地域の海の記憶を掘り起こし、地域と地域、異分野と異業種、日本と世界をつなぎ、新たな海洋体験を創造していく「海と灯台プロジェクト」。その取り組みのひとつである「新たな灯台利活用モデル事業」は、灯台の様々な利活用モデルを創出することで、灯台の存在意義を高め、灯台を起点とする海洋文化を次世代へと継承していくことを目的としています。初年度である2022年度は、本リリース事業含め、全国で12事業が採択されました。
海と日本プロジェクト公式サイト https://uminohi.jp/
海と灯台プロジェクト公式サイト https://toudai.uminohi.jp/
新たな灯台利活用モデル事業 公募情報 https://toudai.uminohi.jp/event/post-5778/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ