山陽新聞デジタル|さんデジ

「風流踊」、無形遺産に決定 24都府県、41件の盆踊りなど

 「郡上踊」の「徹夜おどり」で踊る人たち=8月、岐阜県郡上市
 「郡上踊」の「徹夜おどり」で踊る人たち=8月、岐阜県郡上市
 【ラバト共同】モロッコで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会は30日、盆踊りや念仏踊りとして伝承された24都府県41件の民俗芸能「風流踊」を無形文化遺産に登録すると決めた。豊作祈願や厄災払い、先祖供養など、地域の祈りを込めて守りつないだ伝統が世界に認められた。人口減少や高齢化による担い手不足に悩む地元にとって、保存継承の取り組みに弾みがつきそうだ。

 日本からの無形文化遺産登録は20年の「伝統建築工匠の技」以来2年ぶり。今回は09年に単独で登録された風流踊「チャッキラコ」(神奈川)の拡張として扱うため、国内登録件数は22件のまま変わらない。

(2022年11月30日 19時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ