山陽新聞デジタル|さんデジ

西武ドラフト1位の蛭間が入団 「ライオンズの顔に」

 ポーズをとる西武ドラフト1位の蛭間拓哉外野手。左は潮崎哲也編成グループディレクター=30日、東京都内
 ポーズをとる西武ドラフト1位の蛭間拓哉外野手。左は潮崎哲也編成グループディレクター=30日、東京都内
 西武がドラフト1位で指名した早大の蛭間拓哉外野手(22)の入団が30日、決まった。都内のホテルで入団交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1600万円で合意した。「うれしい気持ちでいっぱい。ライオンズの顔になれるよう、日本を代表する選手になれるように頑張る」と決意を語った。

 チームには埼玉・浦和学院高で同学年だった渡辺勇太朗投手がいる。「2人でヒーローインタビューを受けられるように頑張りたい」と話した。潮崎哲也編成グループディレクターは「走攻守三拍子そろった選手。けがをしないでキャンプインを迎えてもらいたい」と活躍を期待した。(金額は推定)

(2022年11月30日 19時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ