山陽新聞デジタル|さんデジ

浜村、後藤が最高殊勲選手 ソフトJDリーグ表彰式

 ソフトボール女子のニトリJDリーグの表彰式で最高殊勲選手賞に選ばれた浜村ゆかり(左)と後藤希友(右)の両投手=30日、東京都内
 ソフトボール女子のニトリJDリーグの表彰式で最高殊勲選手賞に選ばれた浜村ゆかり(左)と後藤希友(右)の両投手=30日、東京都内
 今年から始まったソフトボール女子のニトリJDリーグの表彰式が30日、東京都内で行われ、最高殊勲選手賞に東地区は浜村ゆかり(ビックカメラ高崎)、西地区は後藤希友(トヨタ)両投手を選んだ。優勝に貢献した浜村は「まさか自分がもらえるとは。すごくうれしい」と喜び、後藤は「これからもソフトボールを盛り上げていけるように」と気持ちを新たにした。

 昨夏の東京五輪で金メダルを獲得し、今季限りで現役引退した山田恵里外野手(デンソー)は特別表彰を受けた。今後は未定だが、再来年以降、大学院で学ぶそうで「いろいろなことを勉強していきたい」と語った。

(2022年11月30日 19時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ