山陽新聞デジタル|さんデジ

「大型サイド」ミサイル避難訓練 住民参加も乏しい現実味 Jアラート運用に限界

 北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射を踏まえ、政府は各地で住民参加の避難訓練を実施している。発射から日本に到達するまで早ければ10分程度。全国瞬時警報システム(Jアラート)が発令されても、大勢の住民が頑丈...

(2022年11月30日 10時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ