山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁市の近藤市長がコロナ感染 軽症、リモートで公務行う

近藤隆則市長
近藤隆則市長
 高梁市は28日、近藤隆則市長(63)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状は軽く、12月5日まで自宅療養し、リモートで公務を行う。職務代理者は置かない。2日開会の定例市議会では藤沢政裕副市長が提案理由を説明する。

 市秘書企画課によると、28日朝、喉の痛みを感じたため、市内の医療機関で検査を受け、陽性が判明した。

(2022年11月28日 18時59分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ