山陽新聞デジタル|さんデジ

天皇陛下、組織検査終え退院 前立腺肥大

 東大病院を出られる天皇陛下=28日午前、東京都文京区(代表撮影)
 東大病院を出られる天皇陛下=28日午前、東京都文京区(代表撮影)
 天皇陛下は28日、前立腺の組織検査を終え、東大病院(東京都文京区)を退院された。MRI検査で前立腺肥大が認められ、27日から入院して精密な検査をしていた。結果は宮内庁が後日公表する。

 陛下は前立腺がんなどの腫瘍マーカーである「前立腺特異抗原」(PSA)の数値が正常より少し高くなっている。6日に東大病院でMRI検査を受け、特に懸念される所見はなかったが、宮内庁は念のため、追加の検査をするとしていた。

 28日午前10時半過ぎ、陛下は車で病院を後にし、集まった報道陣に会釈した。

(2022年11月28日 11時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ