山陽新聞デジタル|さんデジ

スペインとドイツは分け 日本はE組2位に

 スペイン―ドイツ 後半、先制ゴールを決め、雄たけびを上げるスペインのモラタ=アルホル(共同)
 スペイン―ドイツ 後半、先制ゴールを決め、雄たけびを上げるスペインのモラタ=アルホル(共同)
 スペイン―ドイツ 後半、同点ゴールを決めるドイツのフュルクルク(左)=アルホル(共同)
 スペイン―ドイツ 後半、同点ゴールを決めるドイツのフュルクルク(左)=アルホル(共同)
 クロアチア―カナダ 後半、クラマリッチ(右から2人目)がチーム3点目のゴールを決め、喜ぶクロアチアイレブン=ドーハ(共同)
 クロアチア―カナダ 後半、クラマリッチ(右から2人目)がチーム3点目のゴールを決め、喜ぶクロアチアイレブン=ドーハ(共同)
 サッカー・ワールドカップ(W杯)第8日(27日・アルラヤンほか)1次リーグ第2戦が行われ、E組で首位のスペインは1―1でドイツと引き分け、勝ち点4とした。同3でコスタリカと並ぶ日本は得失点差で2位となり、16強による決勝トーナメントへの進出を懸けて12月1日午後10時(日本時間2日午前4時)からスペインと当たる。ドイツは勝ち点1。

 F組は前回準優勝のクロアチアがカナダに4―1で逆転勝ちし、今大会初勝利で勝ち点4とした。クラマリッチが2得点。カナダは2連敗で敗退が決まった。(共同)

(2022年11月28日 06時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ