山陽新聞デジタル|さんデジ

九州場所、平幕の阿炎が初優勝 28年ぶりの三つどもえ制す

 大相撲九州場所千秋楽、平幕の阿炎(右)が優勝決定ともえ戦で貴景勝を破り、初優勝を果たした=27日、福岡国際センター
 大相撲九州場所千秋楽、平幕の阿炎(右)が優勝決定ともえ戦で貴景勝を破り、初優勝を果たした=27日、福岡国際センター
 大相撲九州場所で初優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長(左)から賜杯を受け取る阿炎=福岡国際センター
 大相撲九州場所で初優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長(左)から賜杯を受け取る阿炎=福岡国際センター
 一年納めの大相撲九州場所は27日、福岡市博多区の福岡国際センターで千秋楽を迎え、西前頭9枚目の阿炎(28)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=が12勝3敗で初優勝を果たした。1994年春場所以来28年ぶりの三つどもえの優勝決定戦で大関貴景勝、平幕高安を破った。

 今年の大相撲は上位陣の不振が目立ち、6場所全て違う力士が優勝した。これは年6場所制となった58年以降で3度目(5場所開催の2020年を除く)。3場所連続で平幕が制覇するのは、優勝制度確立の1909年夏場所以降で初めて。

(2022年11月27日 18時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ