山陽新聞デジタル|さんデジ

映画監督の崔洋一さんが死去 在日コリアン作品、「血と骨」

 崔洋一さん
 崔洋一さん
 「月はどっちに出ている」「血と骨」など在日コリアンの物語をリアルに描いた作品で知られる映画監督で、前日本映画監督協会理事長の崔洋一(さい・よういち)さんが27日午前1時、ぼうこうがんのため死去した。73歳。長野県出身。葬儀・告別式は家族や近親者で行う。喪主は妻青木映子(あおき・えいこ)さん。後日、お別れの会を開く。

 在日朝鮮人の父と日本人の母の間に生まれ、大島渚監督の助監督を経て、1983年に映画監督デビュー。93年、在日コリアンが主人公の「月はどっちに出ている」で数々の映画賞を受賞した。

 2004年の「血と骨」で日本アカデミー最優秀監督賞などを受賞。

(2022年11月27日 19時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ