山陽新聞デジタル|さんデジ

将棋の藤井、竜王戦2敗目 広瀬との7番勝負第5局

 第35期竜王戦7番勝負第5局2日目、70手目を指す藤井聡太竜王。左は広瀬章人八段=26日午前、福岡県福津市の宮地嶽神社(代表撮影)
 第35期竜王戦7番勝負第5局2日目、70手目を指す藤井聡太竜王。左は広瀬章人八段=26日午前、福岡県福津市の宮地嶽神社(代表撮影)
 将棋の藤井聡太竜王=王位・叡王・王将・棋聖との五冠=(20)に広瀬章人八段(35)が挑む第35期竜王戦7番勝負の第5局は25、26の両日、福岡県福津市で指され、133手で先手の広瀬八段が勝ち、対戦成績を2勝3敗とした。2敗目を喫した藤井竜王は初防衛が懸かる。

 広瀬八段は4期ぶりの竜王奪還を目指す。第6局は12月2、3日に鹿児島県指宿市で行われる。

 竜王戦7番勝負は2日制で、持ち時間各8時間。先に4勝した方が竜王を獲得する。

(2022年11月26日 19時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ