山陽新聞デジタル|さんデジ

道の駅巡って商品引換券もらおう 12月15日までスタンプラリー

県内の道の駅で開かれているスタンプラリーの台紙
県内の道の駅で開かれているスタンプラリーの台紙
 岡山県内に17カ所ある道の駅を巡った人に、各駅で扱う商品の引換券を贈る「道の駅スタンプラリーin岡山」が開かれている。12月15日まで。

 県在住者が対象。各駅で商品購入や飲食利用すると、専用の台紙にスタンプ1個をもらえる。3個以上集めた人全員にソフトクリームなどの引換券を贈呈。さらに応募箱へ台紙を投函(とうかん)した人のうち、抽選で100人に各駅のオリジナル商品をプレゼントする。台紙と応募箱は各駅に置いてある。

 道の駅の代表者でつくる「県『道の駅』駅長交流会」が、明治安田生命保険(東京)の協賛を得て昨年に続き企画した。各駅では期間中、野菜摂取量を調べる「ベジチェック」や血管年齢測定を受けられる健康コーナーを同社が不定期で設置。測定を受けた人にも台紙にスタンプ1個を押す。

 交流会会長で、道の駅・鯉が窪(新見市)の水上真一駅長は「新鮮な山の幸や魚介類など駅ごとに扱う商品はさまざま。行ったことがない駅を訪ねるきっかけになれば」と話している。

(2022年11月27日 13時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ