山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷藤花戦、26日に第2局 里見藤花に西山二冠が挑戦

歓迎会で大山名人杯をはさみ健闘を誓う里見倉敷藤花(右)と西山女流二冠
歓迎会で大山名人杯をはさみ健闘を誓う里見倉敷藤花(右)と西山女流二冠
 里見香奈倉敷藤花(30)=白玲、清麗、女流王座、女流王位との女流五冠=に西山朋佳女流二冠(27)=女王、女流王将=が挑戦する女性将棋の公式タイトル戦「第30期大山名人杯倉敷藤花戦」(日本将棋連盟、倉敷市、同市文化振興財団、山陽新聞社主催)の3番勝負第2局が26日、倉敷市中央、市芸文館で行われる。対局を控えた25日夜、同市のホテルで歓迎会が開かれた。

 女流棋界の“2強”が激突する頂上決戦。2日に大阪市の関西将棋会館であった第1局は、激しい攻め合いを制した里見倉敷藤花が先勝した。連勝で8期連続通算13度目の倉敷藤花位に就くか、西山女流二冠が巻き返し、初参戦での戴冠に望みをつなぐか。再び熱戦の火ぶたが切られる。

(2022年11月25日 20時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ