山陽新聞デジタル|さんデジ

笠岡市長がコロナ感染 28日まで自宅療養 リモート公務

小林嘉文市長
小林嘉文市長
 笠岡市は23日、小林嘉文市長(62)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状はなく、28日まで自宅療養しながらリモートで公務を行う。職務代理者は置かない。

 市秘書課によると、23日に同居家族の感染が判明し、市内の医療機関で検査を受けたところ、陽性反応が出た。

(2022年11月23日 21時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ