山陽新聞デジタル|さんデジ

EU、社外取締役の4割女性に 上場企業に登用義務化

 EUのフォンデアライエン欧州委員長(左)=22日、仏ストラスブール(AP=共同)
 EUのフォンデアライエン欧州委員長(左)=22日、仏ストラスブール(AP=共同)
 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州議会は22日、域内の上場企業に一定の比率で女性の取締役を登用することを事実上義務付ける法案を正式に採択した。近く施行される。2026年6月末までに、日常の業務執行に携わらない社外の取締役の少なくとも40%か、全取締役の33%を女性が占める必要がある。

 女性の昇進機会の拡大を支援する狙いで、EU各国で構成する理事会と欧州議会は6月に大筋合意していた。EUのフォンデアライエン欧州委員長は声明で「長く待ち望んでいた時が来た。男女平等に向けた突破口として祝福されるべきだ」と歓迎した。

(2022年11月23日 19時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ