山陽新聞デジタル|さんデジ

芸備線協議は「拙速」と新見市長 JR西の意向に改めて否定的考え

芸備線の存廃を含めた早期の協議入りに、否定的な考えを示した戎市長
芸備線の存廃を含めた早期の協議入りに、否定的な考えを示した戎市長
 JR西日本が、芸備線の一部区間の存廃を含めた協議について、赤字ローカル線の中でも優先し本年度内にも始められるよう国に求めたことに対し、沿線自治体の新見市の戎斉市長は22日、自治体が利用促進に努めている段階として「協議入りは拙速だ」と改めて否定的な考えを示した。

 定例会見で戎市長が表明。国が来年度に向けて法制化を進める協議会については「(協議会設置に伴う)スキームや予算など具体的な話が出れば、県などと対応を考える必要がある」と述べた。

 芸備線を巡っては、JR西が備中神代(新見市)―東城(庄原市)など3区間を対象に、協議会の法制化を待たず、国の関与の下で自治体との話し合いを開始したい意向を示している。

(2022年11月22日 20時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ