山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山城と後楽園巡って謎解こう 抽選でスイーツや紅茶が当たる

スタンプラリーのチェックポイント。スマートフォンでQRコード(左下)を読み込み、3択クイズを表示させる=後楽園
スタンプラリーのチェックポイント。スマートフォンでQRコード(左下)を読み込み、3択クイズを表示させる=後楽園
 3日にリニューアルオープンした岡山城と隣接の後楽園(いずれも岡山市)にまつわるクイズに答えながら一帯を巡る「謎解きスタンプラリー」が開かれている。両施設にちなんだスイーツや紅茶などが抽選で当たる初の試みで、フォトコンテストも同時開催して両施設の周遊を促す。

 岡山県と岡山市の連携推進協議会が企画した。岡山城は天守閣や近くの石山公園、後楽園には園内の延養亭、沢の池といったそれぞれ5カ所のチェックポイントを設置。QRコードをスマートフォンで読み取るなどして3択クイズを表示させ、正解するともらえるスタンプを集める。

 スタンプの数に応じて岡山城特別パッケージのプリン、後楽園が取り扱う和紅茶のほか、県内の特産品や観光地を題材にした「岡山発見かるた」が当たる抽選に応募できる。応募には両施設のスタンプが少なくとも一つ必要。

 フォトコンテストは写真共有アプリ・インスタグラムで岡山城天守閣と後楽園の公式アカウントをフォローした上で、両施設に関する写真を「#あっ晴れフォトコン22」のハッシュタグを付けて投稿する。入賞の10人に特産品詰め合わせを贈る。

 スタンプラリー、フォトコンテストとも来年1月31日まで。県観光課は「楽しみながら歴史や文化を学び、通常の散策では気付きにくい魅力に触れてもらいたい」としている。問い合わせは事務局(070―6438―4730、平日のみ)。

(2022年11月22日 20時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ