山陽新聞デジタル|さんデジ

吉備路マラソン 天満屋女子が支援 「うちトレ」3人に無償提供

 記録アップを目指しませんか―。総社市を発着点に来年2月26日に開かれる「2023そうじゃ吉備路マラソン」の実行委員会は、国内屈指の名門として知られる天満屋(岡山市)の女子陸上部がランナーをオンラインでサポートするプログラム「うちトレRUN」を、3人に無償で提供する。30日までにエントリーした人から抽選で選ぶ。

 うちトレRUNは天満屋が1月に開始。同部OGがトレーナーとなり、カウンセリングを通じて個々に合った練習メニューの考案、助言を行い、記録向上や課題克服を後押しする。当選者は12月から3カ月間指導が受けられる。

 大会に特別協賛する同社が「盛り上げの一助になれば」と企画した。ランニング事業部の平井由美子部長は「大会後のフォローアップもできる。ランナーの関心が高まってほしい」と話している。

 当選者には電話で連絡する。問い合わせは実行委事務局の総社市スポーツ振興課(0866―92―8367)。

(2022年11月21日 15時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ