山陽新聞デジタル|さんデジ

シーガルズ、PFUに逆転負け 攻撃偏り決め切れず

逆転負けを喫し、無念の表情で引き揚げる岡山シーガルズの選手たち=山陽ふれあい公園総合体育館
逆転負けを喫し、無念の表情で引き揚げる岡山シーガルズの選手たち=山陽ふれあい公園総合体育館
 バレーボールのV1は20日、赤磐市の山陽ふれあい公園総合体育館などで行われ、女子で9位の岡山シーガルズは11位のPFUに2―3で敗れた。通算2勝4敗(勝ち点8)で順位は9位のまま。

 シーガルズはセットカウント2―0とリードしながら、PFUのバルデス、アコスタを軸とした反撃を止められず、逆転負けを喫した。

 首位の久光はKUROBEを3―0で下し、連勝を7に伸ばした。2位の東レはデンソーにストレート勝ちした。

PFU3―2岡山シーガルズ
23―25
21―25
25―19
25―21
15―12

 【評】岡山シーガルズは勝負の第5セット、10―11と接戦を演じたが、攻撃がレフトに偏るなど決め切れず、12―15で屈した。セットカウント2―0で迎えた第3セットを失ったのが痛恨だった。序盤好調だった佐伯、高柳らの決定力が徐々に低下し、前日は効果的だったブロックも十分に機能しなかった。

 PFUはセットを追うごとに調子を上げ、バルデスが27得点、アコスタが25得点と爆発した。

(2022年11月20日 22時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ