山陽新聞デジタル|さんデジ

花ござピンポン “世界一”へ熱戦 枝広さん、山本さんペア優勝

優勝した枝広さん(左)、山本さんペア
優勝した枝広さん(左)、山本さんペア
 岡山県早島町の伝統産品・花ござを貼ったラケットで争う「早島IGUSA花ござピンポン世界大会」(同町などでつくる実行委主催)が19日、同町早島の早島中体育館で開かれ、県内の小学生から70代まで48組96人が熱戦を繰り広げた。

 打面に凸凹のある花ござラケットは球に回転がかかりにくく、初心者でも経験者と一緒に楽しめるのが特徴。参加者は軽快な打音を響かせながら、粘り強いラリーや力強いスマッシュを見せ、会場を盛り上げた。

 “世界一”に輝いたのは、自営業枝広一志さん(52)=岡山市南区、会社員山本圭輔さん(33)=同市中区=のペア。ともに関西高出身で、現在は同高OBによる卓球の社会人クラブで活動するという。2人は「楽しかったので来年も挑戦したい」と笑顔を見せた。

 大会は町の魅力をPRしようと2018年に始まり、新型コロナウイルスの影響で中止した20年を除いて4回目。県内在住者に限るなど規模を縮小して開催した。

(2022年11月19日 19時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ