山陽新聞デジタル|さんデジ

V部(20)倉敷中央病院副院長 光藤和明(下) 完全閉塞治療90%成功

 1974年、京都大を卒業した光藤和明は、倉敷中央病院(倉敷市)の内科医になった。同級生の和代夫人と学生結婚しており「2人で勤務できる病院」が条件だった。大学紛争で「医局解体」をクラス討議し学生集会や...

(2022年11月04日 08時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ