山陽新聞デジタル|さんデジ

米メタ、2期連続で減収 純利益も半減、広告苦戦

 米メタのロゴとスマートフォン上のフェイスブックのロゴ(ロイター=共同)
 米メタのロゴとスマートフォン上のフェイスブックのロゴ(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】米IT大手メタ(旧フェイスブック)が26日発表した2022年7~9月期決算は売上高が前年同期比4%減の277億1400万ドル(約4兆600億円)となり、2四半期連続で減った。純利益も52%減の43億9500万ドルと半減。中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」との競争激化や景気減速で、主力のインターネット広告収入が減った。

 米グーグルの親会社、アルファベットが25日発表した7~9月期純利益も27%減と苦戦。企業が広告出稿を絞り込んでいる中で、ネット広告を柱としている巨大ITへの逆風が強まっている。

(2022年10月27日 07時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ