山陽新聞デジタル|さんデジ

作曲部門で中橋さん2位入賞 ジュネーブ国際コンクール

 ジュネーブ国際音楽コンクール作曲部門の表彰式後、記念撮影する中橋祐紀さん(中央)。韓国の金信さん(左)が優勝した=26日、スイス・ジュネーブ(共同)
 ジュネーブ国際音楽コンクール作曲部門の表彰式後、記念撮影する中橋祐紀さん(中央)。韓国の金信さん(左)が優勝した=26日、スイス・ジュネーブ(共同)
 中橋祐紀さん
 中橋祐紀さん
 【ジュネーブ共同】ジュネーブ国際音楽コンクール作曲部門の最終選考が26日、スイスのジュネーブで実施され、富山県出身の中橋祐紀さん(27)が2位に入賞した。優勝は韓国の金信さん(27)。

 中橋さんは「非常に満足している。素晴らしい演奏家と音楽ができたということが、一番印象的だった」と振り返った。

 課題は声楽六重唱。詞に曲を付けることを意味する「セッティングス」と題された中橋さんの約15分の作品を、男女各3人のグループが披露し、中橋さんは音楽を学ぶ地元の若者や大学生が選ぶ賞も受賞した。

 中橋さんは東京芸大大学院を修了後、20年からパリ国立高等音楽院に在学中。

(2022年10月27日 09時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ