山陽新聞デジタル|さんデジ

栃木国体 岡山勢が優勝ラッシュ 砲丸投げや重量挙げなど4種目

(上段左から)奥山琴未、山根美千義(下段左から)田中太郎、岡田直也
(上段左から)奥山琴未、山根美千義(下段左から)田中太郎、岡田直也
 第77回国民体育大会「いちご一会栃木国体」は7日、栃木県内各地であり、岡山勢は4種目で優勝した。陸上少年女子A砲丸投げは奥山琴未(商大付高)、カヌー成年男子ワイルドウオーター・カヤックシングル1500メートルは山根美千義(阪神溶接機材)が制し、重量挙げ成年男子96キロ級スナッチで田中太郎(ナカノ)、ライフル射撃成年男子エアライフル伏射で岡田直也(ALSOK)が頂点に立った。

 奥山は出場選手中唯一の14メートル越えとなる14メートル58でインターハイとの2冠を達成し、35歳のベテラン山根は2位以下を大きく引き離して快勝。田中は162キロの大会新記録で96キロ級では初の栄冠に花を添え、五輪2大会連続代表の岡田は前回2019年茨城国体に続き2連覇した。

 今大会の岡山勢の優勝は計5種目となった。

(2022年10月07日 22時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ