山陽新聞デジタル|さんデジ

日本に落下の恐れなく破壊措置見送りと首相

 岸田首相は参院代表質問で、4日の北朝鮮弾道ミサイル発射に関し「自衛隊の各種レーダーによる航跡情報の解析の結果、わが国の領域に落下する恐れがないと判断したため、破壊措置は行わなかった」と述べた。

(2022年10月07日 12時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ