山陽新聞デジタル|さんデジ

バスケ少年女子は愛知が3連覇 栃木国体第6日、男子は茨城V

 少年女子決勝 愛知―岐阜 第1クオーター 攻め込む愛知・斎田(右)=日環アリーナ栃木
 少年女子決勝 愛知―岐阜 第1クオーター 攻め込む愛知・斎田(右)=日環アリーナ栃木
 国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」第6日は6日、宇都宮市の日環アリーナ栃木などで行われ、バスケットボール少年の女子決勝は桜花学園高の愛知が岐阜を73―47で下して3大会連続22度目、男子決勝は茨城が東京を101―63で破り、7年ぶり4度目の頂点に立った。

 陸上の少年男子A5000メートルは、8月のU20(20歳未満)世界選手権7位の吉岡大翔(長野・佐久長聖高)が13分53秒85で制した。

 サッカー少年男子決勝は神奈川が青森に2―1で競り勝ち、2017年以来の優勝を果たした。

(2022年10月06日 18時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ