山陽新聞デジタル|さんデジ

「大型サイド」外形標準課税 都道府県「制度見直しを」 税収減少、高まる危機感

 人口減少対策や経済活性化などに多額の資金が必要な都道府県にとって、外形標準課税の対象企業の減少による安定財源の先細りは死活問題だ。制度導入から約20年が経過。資本金だけで課税対象を線引きする手法は実...

(2022年10月03日 10時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ