山陽新聞デジタル|さんデジ

桂川が首位堅持、河本2位浮上 バンテリン東海クラシック第3日

 第3日、9番でセカンドショットを放つ桂川有人。通算15アンダーで首位=三好CC
 第3日、9番でセカンドショットを放つ桂川有人。通算15アンダーで首位=三好CC
 バンテリン東海クラシック第3日(1日・愛知県三好CC=7300ヤード、パー71)23歳でツアー1勝の桂川有人が6バーディー、1ダブルボギーの67で回り、通算15アンダー、198として首位を堅持した。66と伸ばした河本力が4打差の2位に浮上。

 36歳の池田勇太は67で通算10アンダーの3位に上げた。比嘉一貴と時松隆光が7アンダーの4位。岡田絃希は2位から73と落とし、堀川未来夢らとともに6アンダーの6位。大西魁斗は9位。中島啓太は2アンダーの25位に後退した。(出場73選手=アマ2、晴れ、気温28・2度、西の風2・0メートル、観衆2980人)

(2022年10月01日 17時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ