山陽新聞デジタル|さんデジ

「フリッツ・ハンセン島」

2022年09月30日 17時30分 更新
「フリッツ・ハンセン島」
FRITZ HANSEN
フリッツ・ハンセンが香川県の離島、本島(ほんじま)をジャックします。2019年、フリッツ・ハンセンは香川県丸亀市を拠点とするインテリアショップCONNECTと共同で、本島にある街並み保護地区の古民家をリノベーションして、「フリッツ・ハンセン庵」という展示を行い、たくさんの方々に訪れていただきました。今年2022年もCONNECTと共同で、「フリッツ・ハンセン庵」の第二弾をはじめ、港にある本島スタンド、ブリュワリー、ゲストハウスなど、島内の様々なスポットを散策しながら島を回れるプロジェクトとして「フリッツ・ハンセン島」を開催します。



香川県丸亀市からフェリーで約30分の本島は、豊かな自然に恵まれ、漁師町や江戸時代の街並み保護区などがあり、瀬戸大橋を雄大に眺めることができる美しい島ですが、高齢化が進み、スーパーやコンビニはなく、小学校の全校生徒数も10人に満たない離島です。
「フリッツ・ハンセン島」は、本島で平常営業する施設のすべてをフリッツ・ハンセンの世界観で設え、島に住む人々にも島を訪れる人々にも楽しんでいただく企画です。
各ロケーションでは、サカナクションの山口一郎率いるNFの青山翔太郎が、本島に伝わる民謡をベースに制作した楽曲をお楽しみいただけます。


フリッツ・ハンセン庵
「フリッツ・ハンセン庵」は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている笠島というエリアにある江戸時代の古民家を、フリッツ・ハンセンのコレクションで演出し、日本の建築とデンマークの名作家具たちの融合をお楽しみいただける展示です。本島を訪れる人々の休憩所として会期中は毎日オープンします。
今年創業150周年を迎えたフリッツ・ハンセンのアニバーサリーコレクションや、PK0A、PK60、エッグテーブルなど、150周年の記念に復刻されたデザインをメインにスタイリングされた空間です。
フリッツ・ハンセン庵では、家具だけでなく、本島の石とセブンチェアを合体させたインスタレーションも展示します。

本島は日本の建築を支えてきた石切り場でもあった島で、石の島として日本遺産認定されており、この土地の歴史や魅力を表現するため、今回の展示には本島の石がたくさん使われています。
またフリッツ・ハンセン庵の中では、ニコライ・バーグマンによるフラワーアレンジメントと、本島に自生している植物のインスタレーションにより、空間を演出します。香りはMABOROSHIの茶香炉にて、豊かな “ 香り時間 ” も演出します。


本島スタンド
長く営まれていた島で唯一の定食屋さんが高齢を理由に閉店してしまった跡地をCONNECTの高木智仁が引き継いで島の情報発信の場として営業を再開している施設で、フェリー乗り場の港で、島を訪れる人々を迎える、島で唯一平常営業している飲食店です。
本島スタンドの店内ではフリッツ・ハンセンの家具、テラスではフリッツ・ハンセンのアウトドアコレクション、スカゲラックの家具をお楽しみいただきます。本島スタンドの隣にあるフェリーの待合室にもフリッツ・ハンセンの家具を設えます。

Villa kasashima en.
フリッツ・ハンセン庵がある、江戸時代の街並みを保護している笠島というエリアの古民家をリノベーションして、島内唯一の一棟貸しゲストハウスが誕生します。
Villa kasashima en.は島で唯一、オンライン対応を含めて平常営業する宿泊施設となります。室内では、フリッツ・ハンセンの家具・照明・アクセサリー小物を常設しますが、会期中はオープンハウスとなります。


街中に点在するフリッツ・ハンセンと本島の自然を組み合わせたチェア
施設内ではなく、ビーチや道端、バス停などにフリッツ・ハンセンの椅子と本島の石や丸太を組み合わせたチェアを点在させ、街の人々が腰掛けて休憩できるような展示を行います。


ブリュワリー
本島の古民家をリノベーションして誕生するブリュワリーをフリッツ・ハンセンで設えました。

本島の民謡をベースにした楽曲
サカナクションの山口一郎率いるNFの青山翔太郎が制作した、本島に伝わる民謡をベースにした楽曲を、フリッツ・ハンセン島のそれぞれの施設でお楽しみいただけます。
NFが楽曲を制作する上で島に取材に訪れたところ、ほとんどの島民は島の民謡があることを知りませんでした。やっと見つけた島の民謡を知っている方も、ご高齢により今では唄うことができなくなってしまっていました。しかし、その方が昔カセットテープに吹き込んでいた唄の音源を発見し、今回はその音源を元にNFが楽曲制作をしています。今回の楽曲制作は、島から今にも消えてしまいそうだった、島の民謡を次の世代に継承することにも繋がりました。
音への探求心が深いことでも知られるNFが選んだスピーカーは、BANG & OLUFSENのBeosound 2。円錐型のボディに搭載したAcoustic Lens Technologyにより、パワフルな音響パフォーマンスが空間の隅々まで全方向に広がるだけでなく、BANG & OLUFSENらしい美しいデザインのスピーカーです。

CONNECT
今回もタッグを組むCONNECTは、シンプルで心地よい暮らしを提案し、オンラインを中心に販売・情報をお届けし、住宅のリノベーションや新築のプロデュースなども行っているフリッツ・ハンセンの正規販売店です。昨年、岡山県岡山市の中心地にある百貨店・天満屋1階にて、路面店「Tenmaya Premium Living Gallery By CONNECT」をオープン。また代表の高木智仁は地域が活性化するための活動にも取り組んでおり、その活動の一環として本島でも将来の新たな産業になり、雇用を生み出すための活動を以前より行っております。

公式ロゴ
FRITZ HANSEN JIMAのシグネチャーになっている今回のロゴは、本島で古くから親しまれているデザインをモチーフに制作されました。本島には、江戸時代の役所だった「勤番所」と呼ばれる建物が全国で唯一現存していて、国の史跡に指定されています。今回の「フリッツ・ハンセン島」のロゴは、勤番所の屋根瓦からインスピレーションを得て、ブランディングファームBIGLONGの大長将之がデザインしたものです。
本島が属する塩飽(しわく)諸島の由来は「潮が湧く」からきているという説があり、潮が湧いているようなデザインの勤番所の屋根瓦が今回の公式ロゴのモチーフとなっています


ティザー動画




会期:2022年9月29日~11月6日
場所:香川県丸亀市本島
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ