山陽新聞デジタル|さんデジ

ダルビッシュ、17勝目ならず 大谷は15試合連続安打

 ホワイトソックス戦に先発し、6回8安打3失点で自己最多の17勝目はならず8敗目を喫したパドレスのダルビッシュ=サンディエゴ(共同)
 ホワイトソックス戦に先発し、6回8安打3失点で自己最多の17勝目はならず8敗目を喫したパドレスのダルビッシュ=サンディエゴ(共同)
 レンジャーズ戦の1回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 レンジャーズ戦の1回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 レッズ戦の三回に安打を放ったカブスの鈴木誠也=9月30日、シカゴ(ゲッティ=共同)
 レッズ戦の三回に安打を放ったカブスの鈴木誠也=9月30日、シカゴ(ゲッティ=共同)
 【サンディエゴ共同】米大リーグは9月30日、各地で行われ、パドレスのダルビッシュはサンディエゴでのホワイトソックス戦に先発し、6回8安打3失点で自己最多の17勝目はならず、8敗目を喫した。試合は1―3だった。

 レンジャーズ戦に「3番・指名打者」でフル出場したエンゼルスの大谷は4打数2安打で、メジャー自己最長の15試合連続安打とした。チームは4―1で勝ち、5連勝。

 ブルージェイズの菊池はレッドソックス戦で七回から登板、3回無失点でメジャー初セーブ。試合は9―0で勝った。レッズ戦に「2番・右翼」で出場したカブスの鈴木は4打数1安打で、チームは6―1で5連勝。

(2022年10月01日 15時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ