山陽新聞デジタル|さんデジ

米倉涼子さん、ミュージカル降板 腰痛など、他の仕事は継続

 米倉涼子さん
 米倉涼子さん
 俳優の米倉涼子さん(47)は28日、急性腰痛症と仙腸関節障害による運動機能障害のため、11月に米ニューヨークのブロードウェーで、12月に東京で主演を務める予定だったミュージカル「シカゴ」を降板すると個人事務所のホームページで発表した。

 事務所によると、米倉さんは6月ごろから腰などに激しい痛みがあった。今後は静養しながら、イベント出演など他の仕事は続ける予定。「シカゴ」の公演はいずれも代役が出演し、予定通りに開かれるという。

 米倉さんは「大変悔しく、本当に残念。公演を心待ちにしてくださっていた皆さまに深くおわび申し上げます」とコメントを出した。

(2022年09月28日 20時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ