山陽新聞デジタル|さんデジ

ガス漏れ「意図的」と認識示す 北欧2国首相、警察も捜査

 海底パイプライン・ノルドストリーム、ノルドストリーム2、ロシア、デンマーク、ドイツ、スウェーデン
 海底パイプライン・ノルドストリーム、ノルドストリーム2、ロシア、デンマーク、ドイツ、スウェーデン
 【ベルリン共同】ロシアからバルト海経由でドイツに天然ガスを送る海底パイプライン「ノルドストリーム」と「ノルドストリーム2」で発生したガス漏れに関してスウェーデンとデンマークの首相は27日、意図的な行為で起きたとの認識をそれぞれ示した。スウェーデン警察も同日、破壊行為の可能性があるとして捜査を始めたと発表した。欧米メディアが報じた。

 ロイター通信によると、デンマークのフレデリクセン首相は27日の記者会見で「事故ではなく意図的な行為だ」と指摘。スウェーデンのアンデション首相も別の会見で「意図的な行為と結論付ける情報を得ている。おそらく妨害工作だ」と述べた。

(2022年09月28日 06時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ