山陽新聞デジタル|さんデジ

英語でのプレゼン力 高校生競う 城東高2年田中さん最優秀賞

コンテストで発表する、最優秀賞の田中さん
コンテストで発表する、最優秀賞の田中さん
 高校生が英語でのプレゼンテーション力を競う「ノートルダムトロフィー・イングリッシュプレゼンテーションコンテスト」(ノートルダム清心女子大同窓会主催)が25日、岡山市北区伊福町の同大で開かれ、最優秀賞に城東高2年田中夢唯(めい)さんが選ばれた。

 岡山、愛媛県の6高から2、3年生計10人が出場。「国際社会を目指して」をテーマに、5分の持ち時間でスクリーンに資料を写しながら英語で発表した。同大教員らが文法の正確性、表現力などを審査した。

 田中さんは「OSUSOWAKE」(お裾分け)と題して国内のフードロス削減活動について紹介。相手への思いやりが込められているお裾分けの精神について、はっきりとした発音で抑揚をつけながら説明し「日本のお裾分けの習慣を世界に広げたい」と身ぶり手ぶりを交えて訴えた。

 他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 優秀賞 斉藤彩花(学芸館3年)▽特別賞 細井健志(同2年)

(2022年09月25日 20時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ