山陽新聞デジタル|さんデジ

パキスタンにAMDA調整員派遣 豪雨被害深刻化、必要な支援調査

パキスタンへ向けて出発する池田さん=JR岡山駅
パキスタンへ向けて出発する池田さん=JR岡山駅
 豪雨被害が深刻化しているパキスタンの支援に向け、国際医療ボランティアAMDA(岡山市北区伊福町)は20日、調整員として池田敬さん(47)=同市=を現地に派遣した。

 AMDAによると、同国では6月以降、各地で豪雨が相次ぎ、洪水などで3300万人以上が被災。死者は約1540人、負傷者は約1万2860人に上っている。池田さんは日本時間22日に現地入りし、首都イスラマバードなどで約1週間、被災状況や必要な支援について調べる。

 6月からハンガリーに派遣され、ロシアの軍事侵攻で避難したウクライナ人を支援した池田さん。JR岡山駅からの出発を前に「さまざまな経験を生かして多くの人を助けたい」と話した。

(2022年09月20日 20時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ