山陽新聞デジタル|さんデジ

山陽新幹線 19日計画運休 台風14号 岡山県内在来線でも

JR西日本岡山支社
JR西日本岡山支社
 JR西日本とJR四国は18日、台風14号の接近に伴い、19日に山陽新幹線や岡山、広島、香川県内などの在来線で計画運休すると発表した。

 JR西によると、山陽新幹線は広島―博多間が始発から運休。新大阪―広島間は本数を減らし、午後2時ごろから順次運転を取りやめる。

 JR西日本岡山支社は19日、管内(岡山県と広島県東部)の在来線全てで運休を予定。芸備線は始発から、赤穂、姫新、因美線は正午から取りやめる。他の山陽、津山、桃太郎、宇野みなと、伯備、福塩、瀬戸大橋の各線は午後6時以降、全て運休する。JR四国によると、瀬戸大橋線の快速マリンライナーは児島―高松間で午後3時から運転を見合わせる。いずれも再開時刻は未定。

 詳しい計画は、決まり次第ホームページなどで周知するとしている。

(2022年09月18日 14時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ