山陽新聞デジタル|さんデジ

台風14号 岡山最接近は19日夜 土砂災害や暴風、高波に注意

 台風14号の岡山県への最接近は19日夜ごろとなる見通し。県内は、発達した雨雲の影響で19日午後から非常に激しい雨が降る恐れがあり、夕方には全域が暴風域に入るとみられ、岡山地方気象台は土砂災害や河川の増水、暴風、高波などへの注意を呼びかけている。

 同気象台によると、雨は18日夜ごろから強まり、20日午前0時までの24時間に多いところで南部150ミリ、北部200ミリと予想。20日未明ごろまでは非常に強い風が吹く見通しで、19日の最大風速は警報基準(陸上20メートル、海上25メートル)を大きく上回る陸上25~29メートル、海上30~34メートルとなり、波の高さは3メートルに達するとみられる。台風の進路によっては奈義、勝央町、津山、美作市で局地的な突風「広戸風」への注意が必要としている。

 沿岸部では潮位が通常より100センチ程度高くなる見込みで、満潮時(宇野港・19日午後7時6分)と重なった場合は高潮警報が発令される可能性が高い。

 公共交通機関は、JR西日本岡山支社が19日から20日にかけ、岡山エリアで在来線の運転を取りやめる可能性があるほか、岡山桃太郎空港発着の航空便も天候次第で遅延や欠航などが生じる恐れがあるという。

(2022年09月17日 20時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ