山陽新聞デジタル|さんデジ

馬に揺られてブドウ狩りに行こう 勝央 乗馬クラブが体験プログラム

収穫したブドウを手に馬に乗って笑顔を見せる姉妹=10日
収穫したブドウを手に馬に乗って笑顔を見せる姉妹=10日
ブドウ狩りを楽しむ姉妹
ブドウ狩りを楽しむ姉妹
 馬に揺られてブドウ狩りに行きませんか? おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジ(岡山県勝央町岡)内の乗馬クラブ「にんにんホーススクール」は、乗馬と収穫を組み合わせたユニークな体験プログラムを展開している。

 県北のブドウのおいしさを利用者らに味わってもらおうと、スタッフが2017年、ファーマーズそばの耕作放棄地で農園の整備を始めた。馬ふんを堆肥に使ってシャインマスカットを中心に栽培しており、農園名は「ウマスカット農園」。20年に初めて収穫できるまでに育ち、乗馬とセットにした体験プログラムを企画している。

 ファーマーズ内を通って農園まで往復2キロ余りで乗馬時間は約50分。収穫3年目の今季は約3千房が実り、9月からスタートした。

 10日は、兵庫県佐用町の小学5年女児(10)と妹の3年女児(8)がそれぞれ馬に乗って出発し、「カッポ、カッポ」とひづめの音を響かせて農園に到着。姉妹はブドウ畑に入り、たくさん実をつけた大きな房を探して摘み取った。

 姉は「馬に乗って高い所から遠くの景色が見えた」、妹は「たくさんブドウがなっていてどれを取ろうか迷った」と楽しんでいた。

 代表の大谷新さん(46)は「馬とブドウという異色のコラボレーションが面白いとリピーターもいる。甘い実がなったので足を運んでもらえたら」と話す。

 対象は小学生以上。料金は1頭当たり6千円。ブドウは1房1500円。時間は午前9時~午後4時。水曜は休園。問い合わせは同スクール(0868―38―7558)。

(2022年09月17日 17時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ