山陽新聞デジタル|さんデジ

JR西 “国鉄やくも”グッズ販売 伯備、山陰線電化40周年で

国鉄カラーの「やくも」のイラスト入りノート(左)とどら焼きセット
国鉄カラーの「やくも」のイラスト入りノート(左)とどら焼きセット
 JR西日本は17日、山陽、伯備、山陰線経由で岡山―出雲市間を結ぶ特急「やくも」グッズの販売を始める。「国鉄カラー」を施し、通常運行に使用している再現車両のイラスト入りノートなど3品。伯備、山陰線電化(1982年7月)の40周年を記念しており、17~19日はやくも車内で、19日からは山陰地方の主要駅で販売する。

 ノートはA5判で990円、トートバッグはA4サイズで2200円。いずれも「国鉄カラー」であるクリーム色と赤色に塗装された懐かしの車両イラストをデザインした。

 表面に再現車両の焼き印を入れたどら焼きセットは5個入り1300円。やくもの運行開始は72年3月。商品の包装紙には再現車両の写真に「50周年」の文字を添えた。

 備中高梁行きのやくも5号(岡山発午前9時5分)▽米子行き9号(同11時5分)▽岡山行き8号(備中高梁発午前10時1分)▽同20号(米子発午後2時25分)―で販売する。

 どら焼きは山陰の主要駅売店で先行販売中。ノートとバッグは19日から同売店に並ぶ。

 岡山支社は「3連休はグッズを手に、山陰旅行を楽しんでほしい」としている。

(2022年09月15日 19時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ