山陽新聞デジタル|さんデジ

滝川第二高、「暴言」の監督解任 コロナ感染部員に

 神戸市西区の私立滝川第二高の野球部監督(52)が、新型コロナウイルスに感染した部員を「〇〇(生徒の名前)菌」と呼ぶなど暴言を吐いたとされる問題で、同校は9日、監督を同日付で解任したと発表した。同校は春夏合わせて7度の甲子園出場経験がある高校野球の強豪。

 同校によると、監督は4~5月、新型コロナに感染した部員へ暴言を吐くなどした。同校の調査に対し、監督は部員を「〇〇菌」と呼んだことは否定したが、関係者への聞き取りなどから暴言やハラスメントがあったと認定した。監督代行は野球部顧問だった同校の教員(24)が務める。

(2022年09月09日 22時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ