山陽新聞デジタル|さんデジ

欧州で雷雨や突風、12人死亡 バカンス客ら被害

 18日、コルシカ島のキャンプ場で倒れた木を見るフランスのダルマナン内相(中央手前)(AP=共同)
 18日、コルシカ島のキャンプ場で倒れた木を見るフランスのダルマナン内相(中央手前)(AP=共同)
 【パリ共同】フランスやオーストリア、イタリアで18日、激しい雷雨や突風により、女児を含む少なくとも計12人が死亡、多数が負傷した。欧州は観光シーズンのまっただ中で、被害者の多くはバカンス客だった。地元メディアやAP通信が伝えた。

 地中海に浮かぶフランスのコルシカ島は18日朝、一部で風速約62mを記録。島西部のキャンプ場で13歳の少女が亡くなるなど島内で少なくとも計5人が死亡した。

 オーストリアでは南部の湖近くで突風により木が倒れ8歳と4歳の女児が死亡した。北部では木に雷が落ちて倒れ、3人が亡くなった。イタリア中部でも倒木で計2人が死亡した。

(2022年08月19日 19時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ