山陽新聞デジタル|さんデジ

本島汽船|新船の名前の発表式を行います。

2022年08月18日 14時53分 更新
本島汽船|新船の名前の発表式を行います。
本島汽船株式会社
本島汽船(ほんじまきせん、香川県丸亀市、社長 山下周市)は、2022.8.20(土)、新船の船名の発表式を、丸亀本社にて行います。船名は「船名大募集キャンペーン」で一般の皆様から募集し、1,000件を超える応募の中から決定いたしました。なお、船名の当選者の授賞式も、発表式に合わせて行います。


1.船名大募集キャンペーン
──────────────────

本島汽船では2022年、6/15~7/13の期間、一般の皆様から新船の名前を募集するキャンペーンを行い、600人以上の方から1,000件を超える応募を頂きました。それらの応募の中から厳正に抽選を行い、「本島賞」に選ばれた応募を船名とさせて頂きました。




[ キャンペーン紹介ページ ]
本島汽船公式:https://onl.la/tj4X3v7 (短縮URL)


2.船名発表式・当選者の受賞式
──────────────────
船名発表式と当選者の表彰式は、下記の通り行います(都合により一部変更になる場合があります)。
日 時
8/20(土)午前10:30~
場 所
本島汽船 丸亀本社 香川県丸亀市福島町127-16
主催者
本島汽船(株)
来 賓
丸亀市長、丸亀市議会議長、丸亀市議会副議長





3.本島汽船の概要
───────────────
本島汽船は香川県の丸亀~牛島~本島航路を、フェリーと高速船を合わせ、毎日17便運航しています。離島住民の暮らしを支える生活航路として、そして年々増加する観光客を受け入れるための公共交通機関として、日々事業に取り組んでいます。



船舶の紹介

【ブルーオーシャン2】
総トン数:19トン、航海速力:21.00ノット、旅客定員:78名
(※新船は、この船に代わり就役します。)



【ほんじま丸】
総トン数:398トン、航海速力:13.00ノット、旅客定員:240名




島の紹介

【本島】
瀬戸内国際芸術祭の舞台として人気の島。江戸~明治時代に活躍した塩飽大工の発祥の地で、武家屋敷の街並みが残る笠島地区は、全国で100件余りしかない「重要伝統的建造物群 保存地区」(文部科学大臣選定)にも選ばれ、観光人気がますます高まっています。



【牛島】
古民家を活用した2棟のゲストハウス「アイランドガール」と、豊かな水辺環境が魅力の島。温かいもてなし、美しい自然風景を求め、多くの人が訪れています。






4.参考
───────────────
「船名大募集キャンペーン」チラシ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あなたにおすすめ

ページトップへ