山陽新聞デジタル|さんデジ

「多士才々」作家の高村友也さん 消滅し、無になる恐怖

 死は、自分という存在が消滅するということ。その後には、何も残らない―。作家の高村友也さんは、小学校低学年の頃に初めて死を意識したと言う。「僕はいつか死ぬ」。そして「永遠に戻ってこない」。そう考えた数...

(2022年08月18日 16時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ