山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内 18日にかけ大雨の恐れ 前線南下、気象台が警戒呼びかけ

 北日本で記録的な大雨を降らせた前線が南下し、暖かく湿った空気が流れ込む影響で、岡山県内では17日から18日にかけ、雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。岡山地方気象台は土砂災害や浸水、河川の増水への警戒を呼びかけている。

 同気象台が16日午後4時46分に発表した大雨に関する岡山県気象情報によると、17日に予想される1時間雨量は、いずれも多い所で北部30ミリ、南部20ミリ。17日午後6時までの24時間予想雨量は北部100ミリ、南部50ミリ。18日午後6時までの24時間予想雨量は北部、南部ともに50~100ミリ。17日の予想最高気温は南部30度、北部28度となっている。

(2022年08月16日 18時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ