山陽新聞デジタル|さんデジ

サツマイモの病害が深刻化 27都道県に拡大、収穫量減も

 基腐病に感染したサツマイモ(中央、鹿児島県農産園芸課提供)
 基腐病に感染したサツマイモ(中央、鹿児島県農産園芸課提供)
 サツマイモの立ち枯れや腐敗を引き起こす「基腐病」の被害が深刻だ。カビ(糸状菌)によって引き起こされ、日本では2018年に沖縄県で初めて確認されて以降、27都道県に拡大。加工品の生産にも影響が出ている。収穫量を大きく減らした鹿児島県では、菌を畑に持ち込ませないなどの地道な水際対策が進む。

 農林水産省によると、サツマイモの作付面積が全国1位の鹿児島県では、21年の収穫量が前年比約2万4千トン減の約19万トンと過去最低だった。県によると、21年に1株でも症状がみられた畑は県全体の75%に上り、基腐病が収穫量減に大きく影響したとみている。

(2022年08月16日 18時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ