山陽新聞デジタル|さんデジ

里見藤花 惜敗、女性初の本戦対局 棋王戦、一進一退の攻防

里見香奈倉敷藤花
里見香奈倉敷藤花
 将棋の第48期棋王戦コナミグループ杯(山陽新聞社主催、協賛社・大塚製薬)で、女性初の八大タイトル戦本戦進出を果たした里見香奈倉敷藤花(30)=清麗、女流王座、女流王位、女流王将との女流五冠=が15日、大阪市の関西将棋会館で初戦に臨んだ。阿久津主税八段(40)と一進一退の攻防を繰り広げたが、142手で惜敗した。

 本戦は渡辺明棋王への挑戦者を決めるトーナメントで、里見倉敷藤花は2回戦から登場した。先手の里見倉敷藤花は得意の中飛車から攻め合いを挑んだが、名人挑戦を争う順位戦A級の在籍経験もある強豪・阿久津八段の巧みな指し回しにリードを許し、終盤の粘りも及ばなかった。終局後、里見倉敷藤花は「(終盤に)良くなった局面もあったが、少し焦りすぎた。まだ実力不足。課題を修正したい」と語った。

 将棋のプロには「棋士」と「女流棋士」があり、制度が異なる。棋士が参加する八大タイトル戦のうち、棋王、竜王、王位、王座、棋聖の5棋戦は女流棋士の出場枠があり、強豪が予選に参加している。

 里見倉敷藤花は今期棋王戦の予選トーナメント決勝(5月)で、本戦進出を決めるとともに、男性棋士との直近対戦成績を10勝以上かつ勝率6割5分以上とし、棋士編入試験の受験資格を取得。同試験は若手棋士5人との対局で、第1局が18日に指される。

(2022年08月15日 21時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ