山陽新聞デジタル|さんデジ

東北北部13日も大雨の恐れ 土砂災害に厳重警戒続く

 気象庁
 気象庁
 前線の影響で、東北では北部を中心に13日も激しい雨が断続的に続く恐れがある。これまでの大雨で地盤が緩み土砂災害の危険度が非常に高くなっているとして、気象庁は12日、厳重な警戒を呼びかけた。河川の増水や氾濫にも警戒が必要だ。

 気象庁によると、北日本に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっている。前線の活動は14日ごろに一時的に弱まるが、15日以降、新たな前線が西から北日本へ延び、活発となる見込み。

 13日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北100ミリ。

(2022年08月12日 17時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ