山陽新聞デジタル|さんデジ

香川県知事選告示 新人2人立候補 28日投開票

(左から)中谷浩一氏と池田豊人氏
(左から)中谷浩一氏と池田豊人氏
 任期満了に伴う香川県知事選は11日、告示された。共産党県委員長の中谷浩一氏(61)=共産推薦=と元国土交通省道路局長の池田豊人氏(61)=自民、立憲民主、公明、国民民主党推薦=の無所属新人2人が立候補。28日の投票に向けて選挙戦がスタートした。

 3期務めた浜田恵造知事(70)の引退を受け、12年ぶりに新人対決となった。新型コロナウイルス禍で疲弊する地域経済の活性化や人口減少対策が争点。観光振興や医療、福祉充実への戦略も問われる。

 中谷氏は現県政は国の言いなりで、県民に寄り添えていないと批判。サンポート高松(高松市)を中心とした大型開発見直しや高校卒業までの子ども医療費無料化などを主張する。

 池田氏は「人生100年時代のフロンティア県」を掲げ、経済、観光振興を強調。新幹線延伸の早期実現や県内への企業誘致と起業支援、農林水産資源の販路拡大などを訴える。

 投票は県内427カ所で行われ、即日開票される。10日現在の有権者数は80万8432人(男38万7003人、女42万1429人)。

(2022年08月11日 18時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ